読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨降ればブログ

いろいろな物を幅広く書いていきます

たばこの吸い方を知らない人が多すぎる

たばこ

タイトルの通りたばこの吸い方を知らない人が多すぎます。

たばこを吸っていない方は知らなくても仕方ありませんが、喫煙者の中にも知らない輩が非常に多いです。

 

まず一般的にたばこと言われて思い浮かぶのはセブンスターやメビウス(マイルドセブン)等の紙巻きたばこだと思います。

 

f:id:fuku-ma:20160605213717j:plain

これらのたばこは多くの人は肺喫煙と呼ばれる吸ったあと口に煙を溜め、肺に入れるという吸い方をされています。

もちろんこの吸い方も正しいです。

しかしもう一つ吸い方があります。

それが口腔喫煙と呼ばれる吸い方です。

これは肺には入れず口に煙を溜め、口と鼻から煙を吐き出すという吸い方です。

この吸い方は葉巻や煙管を吸うときにする喫煙方法なのですがセブンスターやハイライト等の紙巻きタバコを吸う時でも使えます。紙巻きたばこでもゴールデンバットやショートピース等のフィルターのついていない両切りのたばこでは口腔喫煙が当たり前です。メビウス等はむいていないかも知れませんが。

第一肺に味覚はないのでこの口腔喫煙でもたばこのおいしさは十分に味わえます。さらにニコチンも舌から摂取できます。

ですが舌から摂取されるニコチンは少量なのでニコチン依存症になりづらいと言われています。

ですがこの吸い方を肺喫煙しかしたことがない人が見ればふかしているだけと思われるかも知れませんが全く違います。

ふかしとは口に煙を入れた瞬間にふーと吐き出すたばこの味が全くわからない吸い方です。なぜか肺に煙を入れたくない。だけどたばこはかっこいい。というような高校生や大学生がよくする吸い方です。

しかし、嫌煙家の方はたばこの吸い方を知らないのですぐに肺がんになる等のことを言ってしまいます。 肺に煙入れてないんですけどね!